First things first, please watch our short 40-second introduction video.

まず、BOUNDLESSの紹介ビデオ(40秒)をご覧下さい。

Bestowed with rich natural resources and a unique culture, Japan produces a potpourri of treasures ranging from fresh foods to exquisite traditional crafts. Beyond the stereotypical image of Japan lies a wealth of traditional wisdom passed down from generations, intricate craftsmanship and an ideology that would lead us to a sustainable future. 

However, Japan has been struggling to deal with depopulation in the rural areas, aging population and the decline of primary and traditional industries. In order to tackle this conundrum ,there has been a trend of “regional revitalization” efforts going on in recent years. However, many of these efforts are targeted at the Japanese population. We believe that, by adding an additional approach that involves “non-Japanese” (both foreign residents and tourists), or even internationally minded Japanese such as returnees (Japanese who have lived abroad), we can figure out a way to expand the businesses of these local companies, eventually leading to regional revitalization. 

This is the what BOUNDLESS strives to achieve- to create a new community of "non-Japanese residents", "international Japanese" and "returnees", and engage them in the country's effort to revitalize its declining regions. Join us, in this journey toward a more inclusive society and sustainable future.

株式会社BOUNDLESSは世界各国の留学生、帰国子女、国際視点を持つ日本人学生のネットワークを活かして、インバウンド観光の受入れ環境整備や発信活動などをサポートする創生パートナーズ(SOSEI PARTNERS)を取り組んでいます。

インバウンド観光による地域活性化・地方創生を目指しましょう!

背景

四季折々の自然と古き良き伝統文化に恵まれた日本列島には豊かな食文化から伝統産業まで、様々な宝物が隠されています。外から見た日本ではなく、内なる日本には代々伝わってきた知恵、繊細な伝統技術、それから持続可能な将来に必要な、自然を大切にする思想があります。そして、近年では日本各地にはデザインやイノベーションなどの試みが流行っています。

しかし、近年では日本各地で少子高齢化、人口減少、それから一次産業及び伝統産業の衰退などの問題に苦戦しています。東京一極集中や都会への人口流出などの難問への解決策を探るべく、2014年には地方創生推進室が設置され、地域活性化活動が活発になりましたが、こういった活動の多くは日本人を対象とするものが多いと見られます。日本の全体人口が減少している限り、日本人だけを対象にした活動だけでは、地域間の「取り合い」の状況に陥ってしまいかねません。なので、私たちは、「外国人」(日本在住の方や観光客)、もしくは「帰国子女」みたいな国際派日本人という新たな切り口から取り組んでみようと思いました。海外展開という新天地を開拓することができたら、地方事業の販路拡大、そして真の地方創生に繋がると信じています。

これがBOUNDLESSが目指す方向です。「外国人」、「帰国子女」、それから「国際派日本人」を含む新たなコミュニティを構築し、日本全国各地の地方創生に貢献します。国籍、年齢、背景を問わず、より包摂的な社会、より持続可能な将来を一緒に創っていきましょう!


代表紹介:デニス・チア

1987年6月7日 シンガポール生まれ
趣味:語学学習、旅行
2012年 早稲田大学 国際教養学部 卒業
2016年 東京大学大学院 学際情報学府 卒業
【修士論文テーマ:地域社会とNGO間の社会関係資本と防災意識(石巻、アチェ州、ボホール島における比較研究)】

フリーランス通訳、翻訳(一部抜粋)

・ ㈱和えるの翻訳

・  DOOR to ASIAの通訳
・ 第3回国連防災会議のイベントでバングラデシュ政府代表ムハンマド・サイドゥル・ラーマン氏の通訳
・ 石巻視察ツアーでルワンダ、アフガニスタン等の国からの海外ゲストの通訳
・ 英国経済誌と地方銀行取締役の取材通訳
・ 中国国際民間組織協力促進会の日本訪問の通訳
・ カンボジア上級商業大臣スン・チャントル氏の通訳
・ ㈱NHNエンターテイメント・シンガポールの翻訳

その他の活動:
第14回カルマキッチン東京の運営スタッフ
NGOピースボート・災害ボランティアセンター(インターンシップ)
第二回ESD日本ユースカンファレンス参加者(ESD:持続可能な開発のための教育)
・ 国連防災戦略事務局(UNISDR)とNGOピースボート共催のレジリエント・ユース・プログラム参加者
・ 2015年ネパール地震後に募金活動を企画実行。2日間で43万円以上を調達
東日本大震災のスタディツアーを企画し、11ヶ国からの参加者を募って実行
「日本人に思い出してもらいたいニッポン」自費出版
・ 東日本大震災後に夢のプロジェクト企画

テレビ出演
2015年1月5日 マツコ&有吉の怒り新党:お正月2時間スペシャル(テレビ朝日)
2014年11月25日 アメージパング(TBS)
2014年11月18日 アメージパング(TBS)
2014年11月11日 アメージパング(TBS)
2014年5月9日 ネプとイモトの世界番付(日本テレビ)
2013年11月14日 ネプとイモトの世界番付(日本テレビ)
2013年5月31日 ネプとイモトの世界番付(日本テレビ)
2013年4月26日 ネプとイモトの世界番付(日本テレビ)
2012年11月16日 ネプとイモトの世界番付(日本テレビ)
2012年2月20日 世界丸見え!テレビ特捜部(日本テレビ)
2012年1月10日 ネプとイモトの世界番付(日本テレビ)
2011年12月6日 ネプとイモトの世界番付(日本テレビ)
2011年11月1日 ネプとイモトの世界番付(日本テレビ)
2010年10月 アジアクロスロード・カレンダーde旅アジア(NHK)
2009年10月11日 ジェネレーションY(NHK)
2009年5月10日 ジェネレーションY(NHK)
2009年3月14日 ジェネレーションY(NHK)

Introduction of CEO and Founder: Dennis Chia

Born and bred in Singapore, 7 June 1987
Living in Japan since 2008
Loves traveling and learning new cultures and languages

2012 Graduated from School of International Liberal Studies (SILS), Waseda University
2016 Graduated from Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, University of Tokyo (Masters of Arts and Science) 

Freelance Translator, Interpreter
・ Translator for aeru Company
・ Interpreter for DOOR to ASIA 2016 program
・ Interpreter for Mr. Mohammad Saidur Rahman, Bangladesh Government Delegate at 3rd United Nations World Conference for Disaster Risk Reduction
・ Interpreter for guests from Rwanda, Afghanistan etc. for study trip of Ishinomaki
・ Interpreter for interview between British Financial Magazine and CEO of Japanese Regional Bank
・ Interpreter for CANGO’s (The China Association of NGO Cooperation) Visit to Japan
・ Interpreter for Senior Minister of Commerce of Cambodia, Mr. Chanthol Sun
・ Translator for NHN Entertainment Singapore
Other Activities:
・ Staff at the 14th Karma Kitchen Tokyo Event
・ Internship at NGO Peace Boat and Disaster Relief Volunteer Centre
・ Participant of 2nd ESD Japan Youth Conference (ESD: Education for Sustainable Development)
・ Participant of Resilient Youths Program co-organized by UNISDR (United Nations Office for Disaster Risk Reduction) and NGO Peace Boat
・  Organizer of Study Tour of Minami Sanriku after Great East Japan Earthquake with participants from 11 countries, and funds raised from crowdfunding.
・ Writer of “Japan from Inside”
・ Initiator of Project YUME after Great East Japan Earthquake

TV Appearances:
2015/1/5 Matsuko & Ariyoshi no Ikarishinto
2014/11/25 Amazing Japan
2014/11/18 Amazing Japan
2014/11/11 Amazing Japan
2014/5/9 Sekaibanzuke
2013/6/14 Sekaibanzuke
2013/5/31 Sekaibanzuke
2013/4/26 Sekaibanzuke
2012/11/16 Sekaibanzuke
2012/2/20/ Sekai Maru-mie
2012/1/10 Sekaibanzuke
2011/12/6 Sekaibanzuke
2011/11/1 Sekaibanzuke
2010/10 Asian Crossroads ~Calendar of Asia~
2009/10/11 Generation Y
2009/5/10 Generation Y
2009/3/14 Generation Y